新型コロナウイルス感染症の感染予防に伴う議会の対応

 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が解除されましたが、大阪狭山市議会では、引き続き感染拡大防止に努め、次のとおり対応していきます。ご理解とご協力をお願いいたします。

■議員の報酬を5%削減
 令和2年4月23日に緊急議会を開催し、議員提出議案『大阪狭山市議会議員の議員報酬の額の特例に関する条例について』を全会一致で可決し、議員の報酬を5%削減することとしました。
 本市議会では、平成15年に議員報酬月額を5%削減して以来、その時どきの市政を取り巻く情勢に応じて、一時的に議員報酬を引き下げる措置を行ってきました。
 本議案は、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の発出を受け、外出の自粛や休業要請等で経済的に困難な生活を強いられている市民や事業者の皆様の現状に対して、少しでも寄り添うことができないか、また、削減による原資を本市の新型コロナウイルス関連施策に活用していくべきではないかとの思いで、市議会の総意として、本年5月分から令和3年3月分までの議員報酬5%を削減するため提案したものです。

■傍聴及び議員への訪問について
 議会の傍聴や議員を訪問される場合には、「市役所にお越しになる前の検温」、「手洗い・消毒の励行」や「マスク着用などによる咳エチケットの徹底」などの感染防止対策に、ご理解・ご協力をお願いいたします。

■例年5月に開催しています「議会報告会・意見交換会」は中止いたします。